Wi-Fiとは規格、でも通信やルータ―として通っている

Wi-FiはWireless Fidelityの略語で、無線LAN通信や無線LANルーターなどについてWi-Fi通信とかWi-Fiルーターなど利用されていますが、実はこのWi-Fi、ルーターの名称でも通信の名称でもなく、「規格」です。

Wi-Fiはアメリカの業界団体が、無線LANルーターなどについて互換性がある機器、相互接続できる機器だと認めた認定規格です。この規格の付けられた機器はメーカーなどが違っても互換性があり無線LAN通信ができるという事を証明しています。そのため、正しくはWi-Fi通信とかWi-Fiルーターなどは間違いです。しかしすでに一般的な名称として日本で通ってしまっているので、間違いともいえないのです。

無線LANイコールWi-Fiと思っていてもいいですし、Wi-Fiルーターといえば無線LANルーターの事だなと考えて頂ければ差し支えありません。

自宅でWi-Fi環境を利用する場合、多くは、光やADSLを利用しています。電波の届く限り無線で通信できるのですが、通常、Wi-Fiが利用されるのは無線LANルータまでの通信、それ以降は、結局光やADSL回線を利用しています。

外出先で利用できるWi-Fiは、公衆無線LANや小型Wi-Fiルーターを利用します。公衆無線LANは駅、カフェ、コンビニなどで提供されているWi-Fi通信で、もちろん無料でスマホやタブレットなどでインターネットを楽しむことができます。小型Wi-Fiルーターは携帯電話通信網を利用するWi-Fiなので、容量制限がかかったり使用料金が高額になります。