Wi-Fiとwimaxそれぞれ向いているシーンとは

今までは有線で通信していたものを無線状態でインターネットなどを出来るようにしたのがWi-Fiです。そのため無線に交換するためのアクセスポイント、つまり無線LANルーターが必要となります。駅やホテル、カフェなどでWi-Fiが利用できるのも、無線LANルーターによって無線通信の構築を行っているからです。

現在販売されているノートパソコンなどのほとんどの子機がWi-Fi対応機器となっているため、無線LANが利用できる所に行けばいつでもインターネットを利用できるというのが、Wi-Fiの特徴です。
wimaxは利用に当たり専用通信機器、若しくはwimax内蔵の子機が必要です。この機器があればどこにいても無線通信ができ、しかもその速度はWi-Fiよりも高速です。重いデータをやり取りする時などストレスなくスピーディに通信できるので、外出先でデータのやり取りが必要な方にはとても便利な通信といえます。

関連資料-モバイルWi-Fi各社の速度・特徴・費用の徹底比較サイト

自宅でも回線工事なしで無線通信が可能になります。通信機器はかなりコンパクト設計になっているので持ち運びも楽です。但し、エリアが限られているのでエリア外だと利用できません。重いデータをやり取りする方にとっては、この形式がこれから広がっていけばより快適な通信ができるようになっていくでしょう。